売却価格低下のリスク

将来的に家賃収入(インカムゲイン) がどれくらい見込めるかというのが不動産投資の基本的な考え方だが、不動産自体の価格が低下してプラスマイナス0ということも考えられる。

投資家のプロや不動産屋などはキャピタルゲイン(売却益)を狙って投資をするが、利回りに注目して(インカムゲイン)投資するのが一般のサラリーマンや年金で投資を考えている方には、一般的。

景気が回復すれば、昔のように不動産の価格が上がるだろうと考える方もいるだろうが、「少子高齢化」で借り手(需要)の先細りがはっきりして、不良債権処理が進めば供給は加速される。

需要と供給のバランスを考えるとバブル期のような不動産価格の急上昇はありえないといっていい。

将来的に売却することをあらかじめ考えておき、値下がりのリスクが少ないものを選ぶようにしよう。

値下がりリスクの少ない物件

価格低下のリスクは可能な限り避けたいが、そのためにはどんな物件を選べばいいのだろうか?

価値が下がりにくい物件は、非常に常識的なものであり誰もが望むもの。そのような物件は価値が下がりにくい。

立地がいいものや、駅に近い、静かな住宅街、日常生活が便利、グレードが高い、広々としたエントランス、タイル張りの外壁、オートロック、天井が高いなどの物件を選ぶようにすれば値下がりのリスクは抑えられる。


check

チャイルドシート
http://www.rakuten.ne.jp/gold/babymachi/