不動産を保有している時の税金

不動産は保有しているだけでも税金がかかってくる。

それは固定資産税と都市計画税である。

固定資産税と都市計画税は、毎年1月1日現在で市町村の固定資産課税台帳 (土地補充課税台帳、家屋補充課税台帳など)または、登記簿などに所有者として登録されている人(個人、法人を問わない)に対して課税される。

不動産を購入したときなど不動産取引にあたっては、固定資産税や都市計画税の年額を引渡し日を境として日割りで精算し、売主と買主との負担割合を定めることが慣例になっている。

固定資産税

不動産の固定資産税とは、地方税(市町村税)で1月1日現在の不動産(土地・建物)の所有者(固定資産税課税台帳に登録されている人)に課税される税金である。

税額の計算方法

税額は「課税標準」に1.4%を掛けた額となっている。課税標準とは固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額となる。

都市計画税

都市計画税とは、地方税(市町村税)で都市計画区域内の1月1日現在の不動産(土地・建物)の所有者(固定資産税課税台帳に登録されている人)に課税される税金である。固定資産税と一括して納税する。

税額の計算方法

税額は「課税標準」に0.3%を掛けた額となる。課税標準とは固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額となる。


recommend

自然葬・樹木葬ができる墓地5選 | 費用や特徴をまとめて比較